×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

枯れたポインセチア

サイトマップ

枯れたポインセチアを復活させよう

窓際でカラカラの葉がパラパラと散りかけた可愛そうなポインセチアちゃんには、まず急いで十分水をやりましょう。かなり窓際の日差しが強く高温だったことが考えられます。鉢の下の方に根が出ているぐらいに回っている場合、いつも土の表面がほんの少し黒ずんでいる程度に水を上げましょう。
低温に弱いので窓際の夜温がかなり下がったのであれば低温障害も考えられますが、その場合は葉はしおれますが殻からにはならないように思われます。多分からからになった葉は元には戻りませんが2、3日して新芽の辺りが多少持ち直した感じになれば大丈夫でしょす木事態は枯れていません。
今年はもうあきらめて来年に向けてうまく管理していきましょう。からさないようにちゃんと普通に水遣りをして室内で暖かく冬を越させて来年また暖かくなると緑の葉がたくさん出てきますから、それを育てます。
今年は木さえ枯れていなければ葉はまったくなくなりますが、水を切らさず越冬させましょう

ポインセチアの栽培の基本

日光を好む植物なので、日当たりのよい窓辺などにおきましょう。
厳寒期は窓辺の温度は下がりやすく植物を傷めますので、夜間は部屋の中程の、直接暖房が当たらない場所へおきましょう。
枯れたように見えても、枝が緑色をしていれば心配はいりません。
5月頃、新芽が伸び始めたらじょじょに外の環境に慣らし始め、盛夏を除いては十分に日光に当てた方が丈夫に育ちます、その年に延びた新しい枝は柔らかくて折れやすいため、強い風が通り抜けるところは避け、鉢がひっくり返らないようにする工夫や、重い陶器鉢を使う等すると安心です。
生育温度は10℃〜28℃位が株を維持できる温度ですので、置き場所の目安として下さい。
水やりは、土の表面が乾き始めたら、鉢底から水がしみだす位たっぷりと与えましょう。
夏は乾かしすぎないように注意をして、冬は湿らし過ぎないように注意しましょう。冬の水やりは夜間に鉢の中の水分が凍らないよう、土が十分乾いてから天気の良い日の午前中にたっぷりと与えるようにしてください。
冬の間は根の成長が止まっていますので必要ありませが、春に芽が動き出したら緩効性肥料や液体肥料を適時に与えます。

「枯れたポインセチアを復活栽培できるか・・・?」について

枯れたポインセチアを復活させよう、ポインセチアの栽培の基本。

Copyright © 枯れたポインセチアを復活栽培できるか・・・?. All rights reserved
ポインセチアの花言葉ハンドボールの中東の笛沖縄の就職やアルバイト京浜急行の観光地京浜急行の金沢文庫京浜急行の三崎口京浜急行の横浜篤姫の鹿児島観光鹿児島観光と篤姫通販の安全は私書箱で
THE レンサバ比較